本文へ移動

法人案内

新着情報とお知らせ

「緊急事態宣言」解除(5月21日)から2週間の経過をふまえた法人・事業所の対応について【事務連絡】
2020-06-08
関 係 各 位
                       2020年6月8日
                   社会福祉法人ハートフル大東
                   理 事 長 小 西 寿 一
 
 
 「緊急事態前言」解除(5月21日)から2週間の経過をふまえた
       法人・事業所の対応について【連絡事項】 
        
 
 平素より、当法人の障害福祉サービスをご利用いただき、心より御礼
申し上げます。
 また、当法人へのご支援・ご協力をたまわり、深く感謝申し上げます。
 ご存じのとおり、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」をふまえ、
新型コロナウィルスにかかる政府の「緊急事態宣言」が4月7日発令さ
れましたが、「事業の継続が求められる施設」としての位置づけをふま
え、新型コロナウィルス等の感染拡大防止の対策を的確に図り、4月9
日以降、臨時的対応を図りながらも、ハートフル大東、ハートフル北条、
いちばん星、グループホーム、相談支援センターあおぞらを継続してき
ました。
 ヘルパーステーションあおぞら(ガイドヘルパー)については、公共
施設やイベント施設等の休館のため、行き先確保が困難となり、利用者
や職員の感染リスクを回避するために、政府の「緊急事態宣言」、大阪
府の「行動指針」をふまえ、事業再開が可能と判断できるまで休止して
きました。
 そして、5月21日に大阪府を対象にした「緊急事態宣言」が解除さ
れ、6月4日で新規感染者のPCR検査が反映されると思われる2週間
が経過しました。
 この間、「大阪府独自基準」(モニタリング指標、自粛要請等の基準、
自粛解除の基準)が示され、6月4日時点で、別添の内容が示されてお
ります。【別添参照】
 上記をふまえ、今後の法人・事業所の対応について、下記の観点で取
り組んでいきますので、ご理解ご協力たまわりますよう、よろしくお願
い申し上げます。
 
                記
 
(1)当法人・事業所においては、今後とも、「大阪府独自基準」を基
   本的根拠として、国、大阪府、大東市からの指示・指導等をふま
   えて、法人・事業所の事業継続や自粛調整、休止等の対応を判断
   し、取り組んでまいります。
 
(2)法人・事業所全体の感染防止対策を周知・徹底し、密閉・密集・
   密接を回避する観点をふえ、職員の検温等体調管理、通勤の配
   慮(必要な時差出勤、自動車等出勤、家庭事情等の配慮)、業務
   や会議、研修等の持ち方(必要な打ち合わせにおける職員同士の
   間隔・距離の適切な調整、SNSを積極的に活用した事務・実務
   処理、諸会議、職員研修の対応)、職員のストレスや業務負担の
   軽減など、職場の状況をふまえた合理的配慮(合理的調整)を図
   りながら、積極的に取り組んでいきたいと思います。
 
(3)ハートフル大東、ハートフル北条、いちばん星、グループホーム、
   相談支援センターあおぞらも、これまで通り継続していきます。
 
(4)この間休止してきました「移動支援事業」(ガイドヘルパー事業)
   の「ヘルパーステーションあおぞら」につきましては、利用者ニ
   ーズに鑑み、以下の点をふまえて、7月1日より再開いたします。
 
   ①利用者やガイドヘルパーの感染防止に最大の注意を払い、ガイ
    ドヘルパーが感染防止セット(消毒液、拭き取りペーパー、使
    い捨て手袋、マスクの補充・予備等)を携帯し、ガイドヘルプ
    の支援にあたります。
 
   ②当面の間、ガイドヘルプの移動範囲は、大阪府内に限定させて
    いただきます。
 
   ③できる限りニーズをふまえて調整致しますが、都合により、対
    応できない場合もありますので、ご理解ご協力をたまわります
    よう、よろしくお願い申し上げます。 
2020年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る